カテゴリ:エッセイ( 7 )

■「モスポイントたより」(24)

■「モスポイントたより」(24)                    
                    クニコホール kuniko@usa.com
                   (米国ミシシッピー数学教師)


新潟地震の被害者の皆様そして少し遅れましたが台風の被害にあわれた皆様、家
屋や建物の復興と同時に精神的な立ち直りをお祈りいたします。

今回は去年に引き続きおこなわれる上甑中学の原田先生との交流プロジェクトに
ついての私なりのプラン等をテーマにして書き始めようと思っていましたが、高
木洋子女史の異文化についての文章を読んでいるうちにこれだっとインスパイヤ
ーされ、急きょテーマを変更しました。

洋子さんの初めて出会った黒人女性に対する正直な気持ち。私の場合はまったく
逆なのですが洋子さんの気持ちと共通する部分があります。

私はこちらミシシッピーに住み始めて12年間多くの黒人の中で暮らしてきまし
た。離婚した夫は黒人でもちろん二人の子供も日本人とのハーフです。離婚して
も前夫のお母さんや姉妹たちとはずっとかかわりあってきました。

私が自立するために大学に通い始めたときもクラスが終わってから(子供たちの)
おばあちゃんのところに子供たちを引き取りに行きました。おばあちゃんのとこ
ろに子供を預けているのは私だけではありません。私の義理の妹たちも同じよう
にしています。

子供たちの学校が終わるとスクールバスが自分たちの家に止るのではなくすべて
の子供たち(孫たち)がおばあちゃんのところに集合して時間が来ると親が迎え
に来ます。がすぐ帰るのではなく、家の外の木陰に、いすを出しておばあちゃん
を真ん中にして今日はこんなことがあったとか、大人たちが話をしているその回
りを子供たちが走り回ってうるさくして、親に怒られたり、そんなあとでようや
く腰を上げて子供たちをつれて帰るという毎日でした。

用が終わったらさっさと帰り次のことをするというという都会的なせっかちな暮
らしに慣れていた私にはかなり戸惑いましたが、子供を見てもらわなければなら
ないし次第におばあちゃんの家のテンポにはまっていったようです。

おばあちゃんには4人の娘と5人の息子がいます。娘たちは皆、職を持って独立
していますが息子たちは私の前夫を始め誰一人“まとも”に暮らしていません。
もちろん職がなく、ただふらふらとしているだけです。それでもおばあちゃんは
そんな息子たちを追い出さずいまだに3人の息子がおばあちゃんと暮らしていま
す。

おばあちゃんの心の広さには感心します。日本から来た私を差別せず受け入れた
くれたし、金銭的な援助はしてもらえなくても子供たちのことでは本当に助けて
もらいました。やはり離婚して子供二人を育てたという日本人の友達がいますが、
子供が小さかったときは職が見つかって働きたくても子供を預けるところも預か
ってくれる人もいなくて泣きたいくらいだったそうです。その人は戦争花嫁でも
うアメリカに50年以上住んでいます。

おばあちゃんは敬虔なクリスチャンです。アメリカは宗教の自由はあっても圧倒
的にクリスチャンの国です。特にこのあたり南部はバイブルベルトと呼ばれるく
らいです。この小さなモスポイントでもちょっと歩けば教会に出会います。

私たち家族はおばあちゃんとは別の教会に行きますが昨晩はおばあちゃんの教会
に行きました。今週はずっとリバイバルがあるからです。こちらでは日曜日以外
にも教会にいきます。

おばあちゃんの教会は典型的なブラックチャーチです。いまではかなりの教会が
白人と黒人が一緒に礼拝するようになっていますがこの町ではまだまだ別れてい
ます。

ブラックチャーチの素晴らしさはほとんどのチャーチが持っているバンドと、ゴ
スペルクワイヤーと、牧師の独特の説教法と、それに答える信者たちの応対の仕
方、それらすべてが一体となって作り出す雰囲気はとても言葉では表せません。
時間が許せば一晩中でもいたいくらいです。

日本にいるときは月に一回は一万円ものチケットを買ってアメリカやほかの国か
らのミュージシャンのコンサートを聴きに行っていましたが、毎週日曜日教会で
フリーコンサートを楽しんでいます。

私が黒人社会に足を踏み入れることになったきっかけはもちろん音楽です。すべ
ての黒人音楽が好きでした。この原稿を打っている今も24時間ゴスペル専門の
FM放送からの音楽が流れています。

二年前にずっとずっと前に離婚した(おばあちゃんからではありません)おばあ
ちゃんのハズバンドがなくなりました。その人は私の前夫の父親ではありません。
お葬式には前夫は出席せず私が出席しました。参列者に手渡されるプログラムに
は家族の一人として私の名前ものっていました。

もちろんエレキバンドとコーラスもあります。お葬式の音楽は悲しみが感じられ
るけれどそれでいてとても力強いのです。棺を先頭にして次々と家族たちが教会
を出て行くときの音楽はちょっとアップテンポで、ああこれでもう苦しまなくて
もすむという開放感や歓びまで感じます。それから車で連なって墓地まで行きま
す。


それで本題に入りますが、こんなに黒人社会にどっぷりつかっていると思ってい
る私でも他人から見たら私はただのよく言えば“東洋人(オリエンタル)”実際
に言われているのは“チャイニーズ”です。これは黒人からも白人からも“平等”
にいわれます。

本当に中国人だと思って言っているのではなくて嫌がらせや差別されていってい
ると知ったら誰だっていやな気分になりますよね。それが最近、そのネガティヴ
な状況をポジティヴに変えられる道が開けてきたのです。

原田さんの前回の“密やかな気づき”に同じ考えを発見しました。”このような
非人道的兵器を作らない、売らない人を育てることが、追いつめられて地雷を買
って、設置し、自国を滅ぼしていく人たちをなくそうとするよりも効率的かもし
れません。“

前に私が来年の一月から日本語を教えることになりそうだとお知らせしましたが、
もうそれが本決まりになって、しかもミシシッピーの高校では私だけが日本語を
教えられるのでテレビを使って他校にも私の授業が放映される、といういまだに
信じられないことまで起こりつつあるのです。この年になって私の顔をテレビに
とってどうするのよ、というのが正直な感想なのですが、ポイントはそこじゃな
いんだと自分に言い聞かせ、いかにしたらこの大役を無事演じられるか毎日考え
ています。

この私の新しい日本語のクラスによって一人でも世界平和とかひとの立場に立っ
て物を考えることのできる生徒が生まれたらと願っています。

ワイオミングの薫さんも、以前に電話で同じようなことを言っていらしたような
気がします。

今の悩みは皆さんも同じだと思うのですが、時間が足りないのです。今まで通り
数学を教えながら、毎週レッスンプランを提出し、テストの採点をしながら、日
本語クラスの教科書の見本を取り寄せたり新しいクラスの準備をしなければなら
ないからです。薫さんにもまだ聞きたいこともたくさんありますが電話をする時
間がありません。

早いものでもう来週は11月。感謝祭の休みを指折り数えています。


==================================================◆◇==================
[PR]
by sukaji03 | 2004-11-01 22:46 | エッセイ

■「るるくで行こう」

≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪
 日刊『中・高校教師用ニュースマガジン』(中高MM)第1122号
                2004年10月26日:火曜日発行
      編集・発行 梶原末廣  sukaji@po.synapse.ne.jp
      http://www.synapse.ne.jp/~kanoyu/sukaji/index.html
≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
====★☆INDEX★☆======================================================= 
■   「るるくで行こう」(15)平野智之  
■「第2回なびか農園 ワインを傾けながら星を観、詩を語る会」(ご案内)
==================================================◆◇==================

【連載】


■「るるくで行こう」(15) 

                   平野 智之(大阪府立松原高等学校)
                   hirara@aqua.plala.or.jp

◆ エンパワーされた大人たち


終了後、「めいと」たちは、劇の進行で少し失敗があった事や“「サイレントエ
イズ」についてどう考えていますか”という質問に困惑したことなど、お菓子を
食べながら、思い思いに話し合っていた。

呼び込みについては、何人か来てくれたから少し満足という程度の感想であった。
見送ってくれた内野先生や「吉永小百合」さんに手を振りながら、
「広島大の人っていい人多いな」
「でも、何で吉永小百合なん。おもしろいわ」
と、出前授業で最も楽しみである「出会い」を実感していた。

2、3日して内野先生は平野に感想を送った。

“「るるくめいと」の皆さんには,もっともっと活躍してほしいものです。それ
は,エイズ予防啓発の面に限らず,「めいと」に触れると元気をもらいますもの
ね。「めいと」が主体的に行動しているのを見ると,こちらまで頑張ろう!とい
う気になりますね。

僕は,練習を拝見しているときからメロメロで,実際の講座の時にうまく司会進
行できるか心配していました。平野先生のお話を聴いてから,少し我を取り戻し
ました。私に限らず,スタッフ一同感激しました。私たちが一番皆様に癒された
気がします。”

そこには次のようなセミナーに参加された方の感想も添えられていた。

「高校生がエイズ・HIVについてどんな活動をしているのか興味がありました。
とても感動しました。自らが興味をもった事を自分のできる事を通して行動に移
していくことのすばらしさを感じました。今回の講座でメンバーの皆さんが話さ
れた『いっぱい道がある』という言葉が印象的でした。この活動を通し,自分の
夢に向かって自分なりの道を歩んでいく大事さを感じておられる事が伝わってき
ました。人としての生き方をこれからもめざして下さい。」

広島大学からは後日、学長名の「感謝状」が参加したるるくめいと一人一人に贈
られた。

 ●「人権情報ネットワークふらっと」に載されたるるくの活動記事です。
  http://www.jinken.ne.jp/child/ruruku/

==================================================◆◇==================

【連載】

【ご案内】

梶原末廣@インターネット編集長です。
2回目のワークショップを開催いたします。大人の宿泊学習です。
あなたも身体と心を解放してみませんか。
メニューは「詩&美味しいワイン&パエリア&鍋? 」
キャンピングのご希望もOKです。

  kanoyu@po.synapse.ne.jp
 090-1346-3090(Tel)

★☆「第2回なびか農園 ワインを傾けながら星を観、詩を語る会」開催☆★
   ~大人の宿泊学習~

 日時:11月13日(土)19:00~14日(日)朝
 場所:「ふくろうのパン(なびか農園)」電話:0993(56)6556

http://www.geocities.jp/kanoyu/index.html
 http://www.geocities.jp/kanoyu/nabika/index.html

(問い合わせ)〒897-0201 鹿児島県川辺郡川辺町神殿4543-4
       並河真知子さんへ(nabika@beige.plala.or.jp)

 内容:詩の朗読・創作&星の観測とワインの夕餉ワークショップ
     ~知的障碍者と共に~

 定員:15名
 参加費:3000円(夕食及び材料費)
 携行品:好きな詩集(絵本)&筆記具&シュラフなどの夜具&洗面用具
 〆切日:11月7日(日)
 ・なびか農園(手作りパンがおいしい)という居心地のよい場所で詩の
  朗読と創作、そして夕食はパエリアとワインさらに満天の星空の下、
  語り明かしましょう。
http://www.kts-tv.co.jp/namaiki/oa/2004-oa/04-0124oa/003.html#008

==================================================◆◇==================

===編集日記===

 皆様に支えられて「日刊・中高MM」第1122号の発行です。

 なんとも元気な高校生たち「るるくめいと」である。「若さ」はかけがえの
ないものであり、それは直中にあるときは気づかない。よくできている、人の
世は。抑制というか均衡バランス感覚である。弱々しくて自己主張に乏しい子
どもたちが圧倒的な中に「るるくめいと」は直向きで健気で行動力に富みかつ
頼もしい存在である。

----------------------------------------------------------------------
 改めて「本の紹介」をします。『るるくで行こう!』~新たな学びのスタイ
ルで性と生を考えるピア・エデュケーション~
横田恵子 / 平野智之 / 菊地栄治 編著 学事出版 1,800円+消費税
----------------------------------------------------------------------

========================================================================
           皆様のご意見・ご感想お待ちしています。
           sukaji@po.synapse.ne.jp
           梶原末廣【インターネット編集長】
=======================================================================
中・高校教師用ニュースマガジン 2000年3月26日創刊
  編集・発行 梶原末廣 sukaji@po.synapse.ne.jp   
    【発行部数2039名】(8/1)
◎バックナンバーURL
http://bn.lib2.com/backnumber/frame.cgi?id=0000027395
☆日刊「中高MM」の登録と解除
http://www.synapse.ne.jp/~kanoyu/sukaji/touroku.html
●日刊【中高MM】●マガジンID:0000027395
■発行システム:インターネットの本屋さん『まぐまぐ』
                 http://www.mag2.com/
Copyright(C),2000-2004 ChuukouMM INC
全文、または一部の記事の無断転載および再配布を禁じます。
========================================◆◇=================================
<<<<<<<<<<<2004年>>>>>>>>>>>
<日刊 中高MM 1123(10月27日発行)以降の予定作品(順不同)>                   

● <10月>●                  
   
27 1123 「国際理解来し方行く末」(4)高木洋子
28 1124 「プロジェクト学習奮戦記」(17)若槻徹
      「IT授業を創ろう」(14)前田康裕 
29 1125 「学びと評価の一体化を目指して」(30)田中保樹
      「共に学び高めあう生徒を育てる学級づくり」(29)川端成實
30 1126 「言語感覚を育てよう」(24)飯盛直子
      「オーストラリア便り」(9)壷坂宣也
31 1127 「自己肯定感を育む表現活動の実践~小規模高校・
       専門高校の現場から~」(11)梅田美和子
      「風信子」(36)梶原末廣

● <11月>●

01 1128 「モスポイントたより」(24)クニコホール
      「こんなんもあります国際交流」(10)原田達朗  
02 1129 「一歩ずつ」(17)岩堀美雪
03 1130 「総合学習を本当の生きる力の育成につなげよう」(133)高橋りう司
04 1131 「環境問題について」(23)枝廣 淳子
05 1132 「江郷の里の作文先生」(12)中俣勝義  
06 1133 「言語感覚を育てよう」(25)飯盛直子
07 1134 「新 海の中の数え歌」(9)大岡三郎 
08 1135 「平井雷太 学びのパラダイム」(7)平井雷太
09 1136 「風信子」(37)梶原末廣
10 1137 「未来教育への提言」(90)鈴木敏恵
11 1138 「総合学習を本当の生きる力の育成につなげよう」(134)高橋りう司
12 1139 「国際理解来し方行く末」(5)高木洋子
13 1140 「情報を追いかけて、情報に振り回されて」(17)石井清人
14 1141  蝸牛通信「密やかな気づき」(13)原田達明
15 1142 「言語感覚を育てよう」(25)飯盛直子
16 1143 「オーストラリア便り」(10))壷坂宣也
17 1144 「平井雷太 学びのパラダイム」(8)平井雷太
18 1145 「ぐるり気ままに文学散歩」(10)杉山武子
19 1146 「総合学習を本当の生きる力の育成につなげよう」(135)高橋りう司
20 1147 「参加型学習の可能性」(4)鈴木隆弘 
21 1148 「未来教育への提言」(91)鈴木敏恵
22 1149 「社会科授業実践のヒント」(2)西澤俊英
23 1150 「薫のデジタルにっし」(41)Slotsve堀内薫
24 1151 「目線を変えて見えた世界」(17)野元尚巳
25 1152 「言語感覚を育てよう」(26)飯盛直子
26 1122 「共に学び高めあう生徒を育てる学級づくり」(30)川端成實
27 1123 「国際理解来し方行く末」(6)高木洋子
28 1124 「プロジェクト学習奮戦記」(18)若槻徹
29 1125 「学びと評価の一体化を目指して」(31)田中保樹
30 1126 「るるくで行こう」(16)平野智之 
      「自己肯定感を育む表現活動の実践~小規模高校・
       専門高校の現場から~」(12)梅田美和子    
      「初心者のためのNIE・授業実践のためのヒント」」(3)西澤俊英

(保留中)「いのちの『土台』を豊かに育む」(20)村末勇介(12月再開)
「翔べない豚さん」山下 莢(13)
     「新聞のある教室風景」(21)植田恭子     
「想いを南風に乗せてあなたの心へ」(29)堂園晴彦
     「命の語り部、西村徹さんの講演レポート」(32)梅田美和子
     「子供を本好きにする読書指導+アメリカ教育事情」(13)深澤五郎 
     「教育をみつめて」(43)土橋英光(休刊中)     
     「島津斉彬に学ぶプロジェクト学習」(7)寺尾美保 
 
●====◆◇=======================================◆◇========●============
【書籍紹介】
◆『ポートフォリオで進路革命!』学事出版<好評発売中>◆
  http://www.gakuji.co.jp/book/4-7619-0823-8.html
  梶原末廣@インターネット編集長も一部担当。
◆『21世紀の高校 生きる力はITで!』学事出版<好評発売中>◆
  http://www.gakuji.co.jp/book/4-7619-0792-4.html
  梶原末廣@インターネット編集長も第3章を担当。
=================================================◆◇======================
[PR]
by sukaji03 | 2004-10-26 22:15 | エッセイ

もの思う秋

 「野元さんの生活はどうしているのですか?」と私も一瞬思ったことがあったが口にしたことはなかった。「聞く必要がない」ということは、野元さんに会ってみればよく分かる。「気持ちの持ちようと、自分の実力で冒険や挑戦はできるものだ。もちろん様々な運も必要だけどね。」と、野元さんはさらりと言ってのける。こんなところもわたしは好きだ。好きなように生きられないのが人の生である。おおよそどこかで妥協しながら生きている、妥協がないと辛くなるなるのである。その点で冒険家の野元さんはきっと妥協がないのである。凡人の生きざまではない。野元さんから伺った印象深いことば「ゼロが最高」。私のお気に入りの言葉。会うごとに思う「サービス精神」、そして何よりも「ユーモア精神」の固まりのような人。やはりほんとうに強い人なんです。
 この世に人として生まれたと言うことにはきっと意味がある。その生が尽き
るまで人として生き通したい。つらいけれど生まれてきたのだから果てるまで
尽きるまで全うしたい。人の記憶に残る人になりたいと思うこともあれば、明
日は野末の下でもよいと思うこともある。もの思う秋である。
b0024512_0472014.jpg

[PR]
by sukaji03 | 2004-10-26 00:45 | エッセイ

月のおわり

心の持ちよう ということがある
確かにそのことは日々の実践の中で認識できる
大事なのは案外体の調子? 好不調ということ
[PR]
by sukaji03 | 2004-10-01 00:45 | エッセイ

===編集日記===「日刊・中高MM」第1079号

===編集日記===
 皆様に支えられて「日刊・中高MM」第1079号の発行です。

 コンピュータやネットワークにソフト&ハードと関わりを持つようになっ
て18年ぐらいになりますが、その当時は石井さんが紹介されているいわゆ
る「ハウツー本」を手にしたり買い求めたりしていました。ですから、かな
り懐古的な気持ちで読みました。「自分を見直すためのチェックシートのよ
うな役割なのかもしれない」「そんなこと当たり前じゃないの」「時折ノウ
ハウ本の言葉に耳を傾ける必要を感じている」も共感できます。また、「一
度にいろいろ読み過ぎないこと。」は、なるほどと頷くことでした。
[PR]
by sukaji03 | 2004-09-15 22:06 | エッセイ

===編集日記===「日刊・中高MM」第1078号

===編集日記===
 皆様に支えられて「日刊・中高MM」第1078号の発行です。

 別れの花束色紙バージョンはSGE(構成的グループエンカウンター)の
エクササイズのひとつです。「会場全体が独特の雰囲気に包まれます。一期
一会といいますが,本当にそれを感じますね。」は、体験してみることをお
勧めします。例えば、その学年の終わりの会や終業式に効果的です。長く一
緒に同じ体験をした人との感情の共有です。原田さんも言っているように宝
物です。この感動を味わうために毎年「霧島プロジェクト」をやっていると
いってもよいでしょう。また、原田さんが「介入」のことを書いていますが、
Tさんはきっと受容していると思います。霧プロは互いの信頼で出来ている
と私は思っています。「人と人が信頼の絆を結ぶ」、言葉で表現することは
容易いですがその実現は至難の業です。でもその困難さに立ち向かう勇気が
霧プロ参加で可能にしています。それぞれに1年間ずっと取り組んでいただ
いた方々、月例会で協力していただいた方々、運営委員会&準備会で活動し
ていただいた方々、直前の準備を快く引き受けていただいた方々、また当日
たっぷりスタッフとして活動してくださった方々と形態の異なりはあります
が、みなさんの善意と厚意で第5回も成功裡に終えることができました。
ほんとうにみなさんありがとうございました。
 17日(金)は兼ねてからご案内の「報告会」を実施します。本日電話が
入りました、なんと滋賀県の西澤さん(今回の初参加者)が新幹線乗り継ぎ
でこの報告会に駆けつけてくださいます。感謝。

 ◆ 第5回霧島プロジェクトの様子です。写真をシネマのように。
http://www.geocities.jp/sukaji03/5kpro-d/
   http://kajihara8.hp.infoseek.co.jp/5kprodg/
   http://www.geocities.jp/sukaji03/index.html
   http://sukaji03.exblog.jp/i2
   http://home1.picturestage.ne.jp/photosharing/memberindex.html?stat=logged_in_as_member&RefreshRandom=0.2937294766091759
[PR]
by sukaji03 | 2004-09-14 21:14 | エッセイ

===編集日記===「日刊・中高MM」第1077号

===編集日記===

 皆様に支えられて「日刊・中高MM」第1077号の発行です。

 あなたは自分の隣の人を愛せますか? いきなり恐縮です。人と人の基本
は身近な存在者との関係ですね。「距離」や「関係」に悩む日々。近代化で
人々が孕んだものがこの人間関係は如何にあるべきかです。「花は花として
美しい」という圧倒的な存在感のように人もこれが基本。それが出来ないが
故に悩む。
 高木洋子氏の新連載「国際理解来し方行く末」(イランの空)を読みなが
ら考えたことが前記のことです。ご多忙な高木洋子さんに月に2回健筆をふ
るっていただけるようになりました。タイトルに拘泥せずに存分に書いてい
ただくようにお願いしました。今回の「イランの空」を読んで隣の人が好き
になる、と今思ったこと。どうぞこの作品を子どもたちに読んで聞かせると
いう実践もお勧めです。

 ◆ 第5回霧島プロジェクトの様子です。写真をシネマのように。
   http://kajihara8.hp.infoseek.co.jp/5kprodg/
   http://www.geocities.jp/sukaji03/index.html
   http://sukaji03.exblog.jp/i2
   http://home1.picturestage.ne.jp/photosharing/memberindex.html?stat=logged_in_as_member&RefreshRandom=0.2937294766091759
[PR]
by sukaji03 | 2004-09-13 20:47 | エッセイ